最近服のセンスが良いと評判!洋服をレンタルしてお洒落に変身

おしゃれを賢く楽しむための「洋服レンタル」紹介サイト

工夫した時短調理は美味しい食事

手間いらずの料理

漬け込み料理は食材を好みの調味料・味付けに漬け込んで焼く・煮るで味が染み込みます。下味を付けて冷凍保存しておくと平日はすぐに調理できます。肉・魚・野菜問わずできます。簡単な調味料として醤油・味噌などに漬け込みます。肉みそ焼き・唐揚げ・とり天・焼売・魚の西京焼き・鯖の味噌になどです。
食材全部入れは必要な食材を切って鍋に入れるだけです。煮込み料理に向いてます。定番のシチュー・カレーなどです。応用は週末残った食材を好みの味付けで煮込むと栄養が溶け出したスープになります。食材を使いきる食品ロスを防ぎます。
ちょっと前は献立は沢山作ると料理ができる人のイメージがありました。しかし、作りすぎて残ってしまうと処分する事になります。調理方法次第で時短になるだけでなく、無駄なく食材を使いきる事になります。

すぐ作れる

20分3品、10分と時短で手早く美味しく作る献立があります。
主菜を定番料理にして副菜・汁物はどれか一つだけ時間をかけてもいいです。
例えば定番のぶり照りを主菜にします。茹でた野菜を添えるだけで上品な和食料理になります。副菜のサラダはちょっと変えて調味料はどこにでもある物を使います。サラダの食材を鍋の食材になりがちな白菜・えのき・しめじを使います。普段サラダにしない食材を使うだけでちょっと手のこんだ副菜になります。汁物はゴマ・刻み海苔を加えるだけで違います。
時短料理ですが、何か違う、味が違うと食べる時嬉しくもなります。時短料理は工夫次第で味に変化を付ける・盛り付けがいつもと違うなど美味しくいただけるので、立派な料理と言えます。


この記事をシェアする